社会福祉法人愛育会 札の元保育園

仲間と共に育ち合う。社会福祉法人愛育会。仲間と共に育ち合う。社会福祉法人愛育会。

宮崎県西都市の保育園『社会福祉法人愛育会 札の元保育園』です。
札の元保育園は、「子どもたちを一歩踏み出す人間に育てたい」という精神のもと、西都市の公立保育所民営化により、
平成25年に設立しました。
まだまだ設立まもない園ですが、地域に根付いていける園を目指しています。
当ホームページでは、札の元保育園の理念と教育方針や、園内での子どもたちの様子や年間スケジュールなどをご紹介しています。
また、グループ園の『あいいく幼稚園』『児童発達支援事業所レインボーパーク』の施設概要もご覧いただけます。

札の元保育園ってどんな保育園?

  • 理念と教育方針

    「ヒトの子を人間に育てる」保育を理念と し、食べる・寝る・遊ぶの生活を 大切に育てています。

    詳しくはこちら
  • 園長挨拶

    園長からの挨拶はこちらから。

    詳しくはこちら

新着情報

  1. 20.08.11

    <畑の野菜たち>
    梅雨の雨にうたれグングン大きくなったトウモロコシ、実をつけあと少し、というところで何者かに食べられ残念!でした。きゅうりは、次々になりました。ぽきんと折るととってもおいしい香りがしました。カラスが、スイカはいつ食べごろになるかと毎日見に来てお隣のご夫婦が朝夕カラスの番をしてくださっていたようです。ところが、昨日見に行ってみると、なんと!カラスに突っつかれた跡が!スイカはまだ小さかったのですが突っつかれてぐしゃぐしゃになる前に収穫してしまいました。「カラスは、スイカの種どうするかな?」と子ども達が気にしていましたよ。そして、今オクラが次々と実を付けています。これはカラスは狙わないようです。ところが、青虫君がおいしそうに葉っぱをむしゃむしゃ・・。実は残しておいてね。
    四角豆の花を初めて見ました。うす水色で可愛いいんですよ。落花生は、というと・・黄色い花は小さくて控えめですが苗はモリモリと成長していますよ。収穫が楽しみです。
    そうそうヒマワリもようやく蕾を付けました。開花を楽しみにしています。

  2. 20.06.16

    <ひまわりの絆プロジェクト>
     「ひまわりを育てることを通じて、命の大切さと交通事故防止を伝える取り組みが行われています。子ども達にお話をして育ててくださいね。」と、駐在所の方が種を届けてくださいました。早速、今日以上児が一人一粒ずつ、大事に種を蒔きました。元気なひまわりが咲きますように!
     そして、虹組(2歳児)は落花生の種をまきました。どんな芽が出てくるかな?と、そ~っと土をかける子ども達でした。楽しみです。

  3. 20.06.13

     <ま~るまる、ま~るむしダンゴムシ>
    突然激しい雨が降ってきますね。今朝は降り出さないさないうちに、涼しいうちにと園庭に出ました。目指すはダンゴムシ!子ども達は「あ!それ僕が先に見つけた!」と目の色が変わるほどです。人気の秘密はどこにあるのでしょう?夢中で葉っぱの下や草むらを探し回っています。家に連れて帰りたくとも「持って帰らんでよ」、と保護者に先手を打たれ仕方なく逃がしているようですよ。カタツムリにバッタ、名前の分からない虫たちも(R君は生物と呼んでいますが)子ども達の宝物です。「また明日探すわ・・・」毎日ほんとに目をキラキラさせています。
     昨日は、芽だししたオクラの苗を畑に定植しました。植えている最中に真っ黒な雨雲がやってきて、遠くからゴロゴロと音が聞こえ始めました。大急ぎで作業を終え、お部屋へ駆け足の子ども達。恵の雨を受け、きっと美味しい実を付けてくれることでしょう。昨日は、「今が蒔き時ですよ」と、しゃく豆・落花生・ごま・オクラの種を頂きました。種まきが楽しみです。

  4. 20.06.03

    <ジャガイモがいっぱい!>6月3日(水)
     園庭の畑に植えたジャガイモを掘り上げました。サツマイモ堀は経験がある子ども達ですが、「ジャガイモはどうやって掘るの?」と葉のついた茎を「えい!」と引っ張っていました。サツマイモの時とは違うな・・と考えたようでした。でも、やっぱり根っこがプツンと切れて、結局サツマイモと同じように土をかき分け掘ることになりました。もう掘り忘れはないかな・・・経験からあっちもこっちもくまなく土を掘りまくる逞しい子ども達。そして、みんなできれいに洗いおやつに蒸かして頂きました。学童さんの分もたっぷりありましたよ。美味しかったです。ごちそうさまでした。
    空豆も、少し遅くなりましたが収穫しました。いつも緑の鞘しか見かけていなかったけれど、今日はなんと黒くなっているのもあるよ!なんで?!と。これもまた発見、ですね。変化して行く過程を観察することも考える刺激になりそうです。
    サツマイモも元気に育っていますよ。おいしくなぁれ❣

  5. 20.05.02

      <♪太郎の日ですおとうさん 
         花子の日ですおかあさん 
       みんなのみんなの 子どもの日です♪>
    急に暑くなりましたね。今日はホースで水遊び、「きゃ~!」と歓声をあげ賑やかな声が園中に響き渡っていました。
     今週は、甘藷の苗植え、サクランボ狩り、そしてお茶摘み・お茶作り、と楽しいことが盛り沢山でした。茶葉を炒っていると、「あ~いいにおい!」とお茶タイムを楽しみにのぞき込む子ども達。そして、いよいよお茶タイム。「おいしい!まだあるかな?」と何杯もお変わりして飲む子もいましたよ。自分たちで収穫したお茶は、また格別のようでした。
     明日から4連休に入りますが、新型コロナウイルス感染防止対策に配慮しながら、一日でも早く安心安全な生活が取り戻せるよう、思慮ある行動をして参りたいと思います。

身体づくりが知性を育むく食べ、よく遊び、よく寝る子に育てる。

食べる

子どもたちが豊かな人間性を育み、生きる力を身に付けていくための土台が「食」です。
子どもにとっての「食」の役割は、まず、成長と健康のために「命をつなぐ」こと。
そしてもう一つは、食べる場を通して「心を育てる」ということなのです。

詳しくはこちら

寝る

子どもたちはよく食べ、よく遊び、そして実によく寝ます。
寝る子は育つと言われますが、本当にその通りで、一番大事なのは眠ることなのだと思います。
しかし眠ることは他のことよりもないがしろにされることが多いのが実状です。
子どもたちにとって最適な生活リズムを身につけさせるには適切な睡眠が必要となります。

詳しくはこちら

遊ぶ

土・どろんこ・水遊び。
ここから子どもたちの「自然」との付き合いが始まります。
特に水遊びは、子どもたちにとってなくてはならない大切な遊びの一つです。
園内はできるかぎり本物の自然にこだわり、五感をフルに使えるような環境づくりを心がけています。

詳しくはこちら

リズム

リズム遊びは、血液の流れを良くし、脳が活性化する効果があると言われています。
脳中枢神経の発達は6歳頃までに大人の約90%に及ぶと言われています。
乳幼児期に運動神経と感覚神経両方の発達を促すこのリズム遊びを毎日行うことで子どもたちの健やかな発達の可能性を拓いていきます。

詳しくはこちら

ロールマット

ロールマットとは、ロール状にしたマットの上にうつぶせや仰向けで寝て、職員の手のひらを使い、身体の緊張をゆるめていく遊びのことです。
マットの上でゆるめることで、身体のゆがみの軽減や脱力を促すことができ、マットから回転することによって全身の血流を良くします。
札の元保育園では毎日行っています。

詳しくはこちら